東洋産業株式会社
【本社】
〒807-0073
福岡県北九州市八幡西区町
上津役東

3丁目18-10
TEL.093-611-6400
FAX.093-611-6401


【東京営業所】
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町37-10
TEL.03-3466-5485
FAX.03-6701-7000

 

【東日本営業所】
〒360-0843
埼玉県熊谷市三ヶ尻6334-13
TEL.048-531-3000
FAX.048-531-3001

──────────────────
■地盤改良(調査・設計・施工)
  ●深層混合処理工
  ●浅層混合処理工
  (バケットミキシング工法)
  ●高圧噴射撹拌工
  (V-JET協会会員)
  ●中圧噴射撹拌工
  (MITS工法協会会員)
  ●スラリー揺動撹拌工法
  (WILL工法協会会員)
  ●GIコラム工法
  (GIコラム研究会会員)

  ●コラムスラブ工法
  (フローティング基礎研究会
  会員)
  ●軟弱地盤研究会会員
■地盤調査
  ●一般地質調査
  ●地すべり地質調査
  ●物理・力学試験
  ●土壌・地下水汚染調査
  ●CBR試験
  ●平板載荷試験
  ●スウェーデン式
  サウンディング試験
■測量
■土木工事・水道施設工事
──────────────────
◆建設業許可 国土交通大臣 許可

        (特-27)第26173号
◆地質調査業登録 質27第1883号
◆測量業登録 登録第(2)-32691号

054304
 

WILL工法

 

WILL工法とは

WILL工法とは
 
高い品質・安全性・経済性を追及
WILL工法(スラリー揺動攪拌工法)とは────────
バックホウタイプベースマシンの先端に取り付けた特殊な
攪拌翼より、スラリー状の固化材や改良材を注入しながら、固化材と原位置土を強制的に攪拌混合し、安定した改良体を形成する工法です。
2タイプのリボンスクリュー型
攪拌翼を使い分けることで、軟弱な粘性土地盤はもとより、N値30を超える締まった砂質土地盤・砂礫地盤にも対応可能な工法です。また、ベースマシンの選定により、改良深さ10m程度までの中層改良に対応できます。
 

1.良質な改良体の構築

1.良質な改良体の構築
 
リボンスクリュー型攪拌翼により、改良地盤を揺動させながら原位置土と改良材を均質に攪拌混合することで、均一性の高い、良質な改良体を構築します。
【特許4038525号】

 
 
T型、箱型
粘性土対応型:           砂・砂礫地盤対応型:箱型リボンスクリュー
T型リボンスクリュー攪拌翼     攪拌翼・ブーメランプレート搭載
 
 
■揺動攪拌工の攪拌機構
before
before
after
after
左が従来工法による、縦回転攪拌イメージ図。右が当社が取り入れているWILL工法(揺動攪拌)イメージ図。従来のものに比べ、原位置土が上下左右の三次元的な動きで混合される。

 
 
改良体掘削後出来型
■改良体掘削後出来形
 
チェックボーリングコア
■チェックボーリングコア
 

2.高い掘削性能

2.高い掘削性能
 
特殊掘削装置(ブーメランプレート)を装着することで、N値30を超える締まった砂・砂礫地盤の掘削混合が可能です。【特許3958347号】

■適用範囲
※砂礫はΦ100mm以下を標準とするが、礫率等を考慮する必要有り。
   
ベースマシン最大改良深度粘性土(適応土質)砂質土・砂礫(適応土質)
0.8(旧0.7)m2クラス
5.0m
N<10
N<30
1.0(旧0.9)m2クラス
6.0m
N<10
N<30
1.4(旧1.2)m2クラス
8.0m
N<15
N<40
1.4(旧1.2)m2クラス
10.0m
N<10
N<30
   

 
 
ブーメランプレート装着でN値38の礫混じり砂層に対応
ブーメランプレート装着でN値38の礫混じり砂層に対応
 
WILL工法の掘削能力比較 【掘削時間-掘削深度相関】
■WILL工法の掘削能力比較
【掘削時間-掘削深度相関】
 

3.環境負荷を軽減

3.環境負荷を軽減
 
小型ベースマシン・低振動・低騒音による環境負荷軽減を実現。
<<東洋産業株式会社>> 〒807-0073 福岡県北九州市八幡西区町上津役東3-18-10 TEL:093-611-6400 FAX:093-611-6401